想いを込めた小瓶
soranoaoto.exblog.jp
心から心を込めて
by blue_halfmoon_m
プロフィールを見る
画像一覧
  Top
2008年 04月 21日 |


どうしてあなたは
「愛してる」と
言ったのだろう

なぜ?
どうして?
私たちの何を
変えなければならなかったんだろう

判らないことを
判った振りをする私にあなたは
「ありがとう」と言った
「愛してる」と言った

私は混乱する

恋人ではいられない私たち

どうしてあなたは
「愛してる」と
言ったのだろう


どうして私は
うれしかったのだろう
こんなにも
混乱しているのに





[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-21 23:03 | 詩。 |
2008年 04月 21日 |


胸の奥深くに刻んだこの証 変わることなく紅く燃ゆ恋

形は変わっても
変わらないものがある
変わらぬ気持ちを
ありがとう
忘れないよ
私が死んでしまっても
私の魂に
刻んだ想いは
永久に消えないよ


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-21 21:53 | 短歌。 |
2008年 04月 21日 |


変えたのは季節だけではないけれど その声だけはあの頃のまま


「じゃあまたね」言い出すことができなくて あなたの声に耳を澄ませる


連作してみました。
声は変わらなくても
過ぎた時間と変わったしまったものに寄せる
切ないけれど優しい気持ち。
ふたりの「また」が再び来るのか
ドキドキしながら息をひそめる瞬間。

声って
感慨深い・・な


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-21 12:54 | 短歌。 |
2008年 04月 18日 |
あなたへと続く全ては宝もの笑顔の時も涙の時も



いつも素敵な短歌を見せてくださる

redyarnさんの「恋愛小説に・・・」
からイメージをいただきました^^


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-18 08:07 | 短歌。 |
2008年 04月 16日 |



春休みから続いて
連日の午前保育。
普段ひとりの時は
食うや食わずやの毎日だけど、
子どもがいるとそうはいかない。
お昼ごはんのネタも尽き果てます~^^;


今日のメニューは
ハムエッグとウインナーと
明太子ごはん。
(朝食か!w)

えぇ粗食です。
はい手抜きです。。


でも図らずもコレが好評で。
「お母さ~ん。明日も目玉焼きにして!
 お願い。お願い。」
だって。

明日も手が抜けそうですぜw







[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-16 12:45 | 日記。 |
2008年 04月 15日 |


息子は4月から2年生。
息子の学校では1年生から2年生に進級するとき
クラス替えがあります。
(私の時は2年間持ち上がりだった)

新しいクラスになって
新しい先生になって

2年生初日
帰宅した息子に
「新しい先生どんな先生だった?若かった?」
と、聞くと
「う~ん。お母さんと同じくらいかな。
 そんなに若くは無い。

なんですとっ!?
ビ、ビミョーなんですけど?その表現w


そして今日 新しい先生と
初対面してきました。

が!

明らかに。。
お、おばちゃんじゃん!!



子どもって、
子どもって、、
キビシーー!!
=( ̄□ ̄;)⇒


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-15 16:42 | 日記。 |
2008年 04月 15日 |



何回も繰り返し言う「じゃあまたね」伝えたい想いいっぱい込めて


某素敵なブロガーさんから勝手にイメージ貰っちゃいました~。



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-15 09:47 | 短歌。 |
2008年 04月 14日 |



別々の道を歩むと決めたとき永遠に変わらぬ片想い君へ




多分、“片想い”ではないのだろう多分。

今よりもっと子どもだった頃は
お互いに好きだったら
それは“両思い”だったのにね^^

お互いがお互いに“片想い”

そんな“片想い”もあるなんて
はじめて知ったよ。



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-14 10:49 | 短歌。 |
2008年 04月 09日 |


今日はコチラが春の嵐です~。
お隣から新聞紙やら、広告やら
飛んで来る飛んで来る
花吹雪ならぬゴミ吹雪~^^;


ウチのゴミ箱も飛んじゃって
さっき捕獲してまいりました。

桜はもう終わりだなぁ。。


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-09 15:31 | 日記。 |
2008年 04月 08日 |



東日本は大荒れのお天気なんですってねー。
春の嵐
大変だぁ。。

こちらは
これ以上ないってくらい麗らかな春の陽気。
(やだ!妖気って変換されちゃったわw)
青い空にそよぐ風
花吹雪うぐいすの鳴き声
窓を開け放っても気温は22度!

西と東で分かれちゃってるみたい。

こんな時
距離を感じてしまうなぁ



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-08 14:54 | 日記。 |
2008年 04月 06日 |


離れても引き裂かれてもちぎれても愛し君よと心が叫ぶ


うふふ~^^。
「好きなものは好き!」第二弾


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-06 21:03 | 短歌。 |
2008年 04月 04日 |


どこまでがボーダーなどと 巡らせず
ただその想い赴くままに




好きなものは好きなんだぁ。
叶わなくても。
届かなくても。


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-04 23:27 | 短歌。 |
2008年 04月 04日 |



川上作品を全部読んだわけではないけれど、
この作品は私が読んだ数冊の中では
「異彩を放ってるなー」と思いました

内容は「不倫」のお話です。
でも多分描きたかったのは
「不倫」ではないと思う。
でも
何を描きたかったのか
私には分かりませんでした。


川上弘美の作品の登場人物は
どこか浮世離れしているというか、
現実社会から浮遊しているような感じなのですが、
この作品でも
登場人物、特に主人公は
硬質だけどふわふわに描かれています。
でも全然いい気分がしない。
感情移入もできない。

なんか川上弘美が
俗っぽくなってしまったような
そんな寂しささえ感じてしまいました。

川上作品を読むと、
いつまでも読んでいたいような
読み終わって本を閉じるのが惜しいような
そんな気持ちにさせられるのですが、
この『夜の公園』は
早く終わっちゃって~。みたいな気分でした

『センセイの鞄』みたいな話を
もっともっと読みたいな。
(たぶんこれ言われると嫌かもだけど)


川上弘美には
大人のファンタジーが似合う!
それを実感しちゃった作品でした。
やっぱり・・・残念~。


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-04 16:45 | |
2008年 04月 03日 |
e0009455_18173186.jpg



あなたへと向かう全てはラブレター 
「愛してる」とは言わないままに

[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-04-03 18:17 | 短歌。 |
2008年 03月 29日 |



さくらが咲いたね
あなたの大好きな花



そのたったひと言を
言えずに
何度心の中で
繰り返しているのだろう

そんな何気ないことも
言えないくらい
私たちは
遠くなってしまった

さくらの花は
ぱっと咲いて
さらりと散っていく

その潔さが
少しでも私にあったなら


さくらが咲いたね
あなたの大好きな花


言えないままに
今年のさくらは
散っていくのだろう



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-03-29 15:59 | 永遠乙女妄想 |
2008年 03月 28日 |


長く伸ばしてるわけでもないのに
最近爪が割れる

カルシュウムが不足してるのかな??

ってか、爪って
カルシウムが関係するんだっけ?



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-03-28 11:35 | 日記。 |
2008年 03月 27日 |



川上弘美を読むと
うっすら寂しくなる。


なのに3冊も
借りてしまった^^;



寂しくなるだけでは
ないからかなぁ

かしましい春休み
どこまで読めるかな・・・(謎



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-03-27 13:31 | |
2008年 03月 25日 |


ただひとつ
たったひとこと言えなくて
今年もさくら 咲きはじめたよ


[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-03-25 16:13 | 短歌。 |
2008年 03月 24日 |


この限りない宇宙の中で
この広い広い世界の中で
悠久の時の流れの中で

この時代に
この国に
私は私を選び
私として生まれてきた


出会い
別れ
繰り返しながら


この時代に
この国に
私は私を選び
私として生まれてきた




[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-03-24 15:50 | 永遠乙女妄想 |
2008年 03月 21日 |



あなたの名前は
本当によくある名前で。

映画の中にも
TV でも
本の中でも

目にしたり
耳にしたりする度
私の心に
電流が走る

それは「はじまり」の
優しい電流ではなく
ギュッと
心臓が掴まれるほどの衝撃で。

「一生忘れない」っていう
あなたとの約束を
しっかり守ってる限り
この痛みに
耐えなきゃいけないのかな?

それとも
いつか時が過ぎて
優しい痛みに
変わっていくのかな?



あなたの名前は
本当によくある名前で

今はまだ
映画にも
TV にも
本にも

胸を捉まれてしまう
私がいるよ



[PR]
# by blue_halfmoon_m | 2008-03-21 09:35 | 永遠乙女妄想 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon