想いを込めた小瓶
soranoaoto.exblog.jp
心から心を込めて
by blue_halfmoon_m
プロフィールを見る
画像一覧
  Top
四つ葉のクローバー
2007年 06月 08日 |



幼稚園から小学校へ。
変わっていく環境の中で
うろたえているのは
息子よりむしろ私のほうで。

“男の子はやんちゃなくらいがいい”

人の子にはそう言えるけど、
自分の子どもが“やんちゃ”で
しかも時々
他のお友達とトラブルを起こすとなると
「やんちゃでうれしいわ」とは
言っていられなくなります。

“子どものけんかに親は口を出さない”

私が子どもの頃は
それが鉄則で
余程の問題でもない限り
親同士は黙って子ども達を
見守っていたように思います。

でも現代は・・
というか
少なくとも私の周りは
何かちょっとしたこと・・
例えば
「いつも一緒に帰ってくるお友達と帰ってこなかった」
「あの子から“キライ”と言われた」
「(自分に振り向かせたくて)鞄を引っ張った」
そんな些細な出来事にまで
親が出てきて
または
親が出て行って
謝ったり、謝られたり。。


みんな不安なんだろうか。


幼稚園という
家を出るところから
家に戻るまでを
しっかりと保護された環境から
学校という
ひとつ大きな社会へ飛立っていく我が子に
不安や心配する気持ちが
こんなに大人たちを
良くも悪くも結びつけるのだろうか。


人間関係が苦手な私としては
毎日が
「あぁ。今日は
 何事も起こりませんように。」
心の中で祈る日々です。


強いけれど、
こういう面で
弱い私が久しぶりに顔を出しました。



あぁ でも今日は
遊びに行っていた息子が
遊びの途中で家に戻り、
「お母さーーん!」と
手渡してくれたのは
四つ葉のクローバー。

聞けば、
自分で見つけたのではなく、
お友達が見つけたのを
貰ってきてくれたそう。
私に届けたくて
遊びを抜け出してきてくれたのでしょう。

すごくうれしかった^^



でも
心の片隅で
“やんちゃ”な息子・・・・
まさか・・・・
まさか・・・・
おとなしい○○くんから
強引に貰ってきちゃったんじゃ・・・
ないよね!?


私は
子どもを信じられない
ダメ母でもあります。。。




[PR]
by blue_halfmoon_m | 2007-06-08 18:05 | 日記。 |
<< 溺れる ページトップ 主婦の人間関係に毒を吐く >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Aqua Skin by Sun&Moon